「バイバイ」って キミが言う
電車の中に 乗り込んで
口の形で 表して
手を振り にっこり 微笑んで

「バイバイ」って 僕が言う
でもその声を 追い越して
電車がホームを 去っていく
キミの街へと 帰ってく

見えなくなるまで 見送って
ため息一つ 振り向いて
今度は僕の ホームへ向かう
僕の居場所へ 帰るため

逆の方向 2時間たって
「おかえり」メール 送り合う
一千キロの 距離超えて
互いの心 届け合う

手のひら残る 温もりを
一ヶ月間 忘れずに
今日別れた あのホーム
今度の再会 あのホーム

またね♪


on 08-11-09

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Web拍手設置してます。
もしも詩が気に入ってくださったなら、ぽちっとおしてください。
励みになりますので、ぜひよろしくお願いいたします☆

Web拍手